延長戦に入りました 奥田英郎

カテゴリ:暮らし 本の著者:

この本は全34篇からなるスポーツエッセイです。といっても堅苦しい真面目なものではなく(ある意味真面目?)、気楽に読めて笑えます。出版されたのが平成15年と結構前なので、まだ落合や桑田が現役だったりしますが、書かれている内容は一切古臭くなっていません。というか、選手やルールについて全く無知でも問題なく楽しめるのがこの本のすごいところ。

スポーツオンリーの内容ですが、なんとなく流していたけどよく考えるとちょっとヘン、みたいなところを鋭くツイているからでしょう。言われてみれば、みたいな話が多いです。

いくつか具体例を挙げると、例えば剣道。竹刀が「ピシっと」当たらなければ認められないのだが、この「ピシっと」というのがいったいなんなのか。また、部活をやっていた人なら心当たりがあるであろう「故障自慢」。はたまた、ボブスレーの前から2番目の選手は何をやっているのか。レスリングのタイツはなぜ乳首を出すのか。等々。

全て笑える話ばかりですが、あまり知られていない豆知識みたいなものも多く、実用面でもけっこう役に立ったりします。びっくりしたのは高校野球の地方大会のスコアの話。26対25(しかも2点とってのサヨナラゲーム)。いくら地方大会とはいえ、歴史的な一戦ではないでしょうか。他にも沢村賞で有名な沢村栄治投手。日米親善野球で当時手も足も出なかった大リーガー相手に、1失点完投勝利を収めたことが未だに伝説的偉業として伝えられています。実際は、その試合は大リーガーが手抜きしただけというのが真相で、他の試合ではボッコボコにされて推定防御率10点以下とか。

とにかくこの本、なにか面白い本がないかと探している人には強くおすすめしたいくらい抜群に楽しめる一冊になっています。

良い書評でしたら共有お願いします

関連書評

50歳を超えても30代に見える生き方 南雲吉則

「50歳を超えても30代に見える生き方」は最近テレビによく出演してらっしゃる南雲先生の書いた本です。

記事を読む

夫をお金持ちにする64の習慣 芦澤多美

帯に書いてある『お金持ちになる人の妻は小さなことから始めている』というキャッチコピーに妙に心が惹かれ

記事を読む

「ストウブ」でじんわりほっこり幸せなレシピ シェフに愛されるフランスの人気鍋 重信初江

「ストウブ」でじんわりほっこり幸せなレシピ シェフに愛されるフランスの人気鍋はフランスの一流シェフご

記事を読む

日本のことを英語で話そう シーラクリフ

この本は、外国人から見た日本や外国人が興味のある日本の文化や習慣などについて、英語で説明できるように

記事を読む

パチプロ日記 田山幸憲

今はやっていませんが、昔はパチンコを打っていました。その当時読んでいた雑誌に連載されていた、その世界

記事を読む

月間人気書評ランキング

まだデータがありません。

既知からの自由 ジッドゥ・クリシュナムルティ

簡単に言えばこの本には真理が書かれています。それは痛快なまでに真実なの

学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶応大学に現役合格した話 坪田信貴

この本は学年でビリで偏差値が30以下のギャルが進学が危うい状態だったの

甲賀忍法帖 山田風太郎

山田風太郎氏のいわゆる「忍法帖」シリーズの第一作目です。深く考えずに読

孤島の鬼 江戸川乱歩

江戸川乱歩は非常に著名な作家で、名前を聞いたこともない、という方は少な

阪急電車 有川浩

図書館戦争で有名な有川浩の作品です。 阪急電車。近畿圏内の方しか

→もっと見る

  • まだデータがありません。

PAGE TOP ↑