太公望 宮城谷昌光

カテゴリ:歴史・自伝 本の著者:

「封神演義」という有名な講談がありますが、それと同じ題材の中国歴史小説ですが、女?も仙人も出てきません。
古代中国の商王朝の滅亡を描いた、文庫本で上・中・下各巻約500ページの大長編小説です。
商王朝の最後の王である紂王によって滅ぼされた、羌という遊牧民の生き残りの少年が主人公で、後の「太公望」です。

炎の揺らめく草原の中を、少年の望は、6人の子供達を連れて駆けていく場面から、物語は始まります。
焦げる履の臭いと白い煙が見え、炎の熱さが頬に感じるような場面を必死に、幼い子供の手を引いて逃げる望は、
振り向くことが許されない状況に追われ、駆けて行くしかないのです。
やがて、商帝国ほ滅ぼすという目標に向かって、ひたすらに駆けていく事になります。

死去したばかりの商王帝乙の末子、受は体躯と知能と美貌に恵まれ、王の後継となります。
彼の即位は、商王朝の人々に商の繁栄を期待させるのですが、紂王は権力を強めるために遊牧民の征伐軍を出し、
華麗な宮殿を建て奢侈を好んで、民の暮らしは疲弊していきます。

父の遺言に従い、孤竹へ行く望は不思議な老人と出会い、老人のもとで剣術と智力を鍛錬し、2年の月日を過ごします。
商を滅ぼすため、時機を待ちながら、権謀術数を巡らし、やがて紂王を追い詰めていく、望です。
巨大な権力に立ち向かうため、時には身を潜め、時には大胆に紂王の側近に近づいていく、望の姿は鮮やかです。

有名な妲己も登場しますが、紂王を悪業に誘って王朝を滅亡に導いた悪女ではなく、紂王に利用された不幸な女性です。
「封神演義」に出てくるような、9尾の狐が取り付いた、妖術を操る毒婦ではありません。

紂王が滅んだのは王の驕りと、代々王朝で祀り事に、人命を捧げるという秘密の儀式を、大げさに暴いて人々の恐怖を煽った結果です。
歴史というのは、勝利した者によて綴られていくものであれば、事実はこんな物であっただろう、という作者の視点の冷静さは合理的です。
歴史に名を残した「太公望」の真実が、リアルに感じられる物語です。

良い書評でしたら共有お願いします

関連書評

神聖喜劇 大西巨人

大西巨人著『神聖喜劇』は日本の純文学を代表する傑作です。保坂和志や奥泉光、阿部和重といった作家から柄

記事を読む

Dr.ドルフィンの地球人革命 松久正

この本「Dr.ドルフィンの地球人革命」には人はとは一体なんなのか?といったような生命の神秘がつまって

記事を読む

あかんやつら 東映京都撮影所血風録 春日太一

あかんやつら 東映京都撮影所血風録 には、映画制作会社である東映の歴史と、その本拠地たる京都撮影所で

記事を読む

生き方 稲盛和夫

内容としては、京セラを立ち上げた創業者の方が、独自の経営理念にとまらず、一人の人間としてどのように生

記事を読む

私の台所 沢村貞子

昭和の時代に、母親、お姑さん役で活躍された女優、沢村貞子さんのエッセイです。毎日のくらしを、丁寧にこ

記事を読む

月間人気書評ランキング

既知からの自由 ジッドゥ・クリシュナムルティ

簡単に言えばこの本には真理が書かれています。それは痛快なまでに真実なの

学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶応大学に現役合格した話 坪田信貴

この本は学年でビリで偏差値が30以下のギャルが進学が危うい状態だったの

甲賀忍法帖 山田風太郎

山田風太郎氏のいわゆる「忍法帖」シリーズの第一作目です。深く考えずに読

孤島の鬼 江戸川乱歩

江戸川乱歩は非常に著名な作家で、名前を聞いたこともない、という方は少な

阪急電車 有川浩

図書館戦争で有名な有川浩の作品です。 阪急電車。近畿圏内の方しか

→もっと見る

PAGE TOP ↑