親孝行プレイ みうらじゅん

カテゴリ:暮らし 本の著者:

単純に私はみうらじゅんさんが発信され続けている妙なセンスのファンで、
タイトルに「みうらさんまた何を言ってるんだろう」とくすくす笑いつつも、内容をチェックせず購入した本でしたが、読んでみたら、笑えるところはあるものの、それだけじゃない、親孝行に的を絞った学術的な実践本。

みんなが知っている「親孝行」というこのワード。
気恥ずかしくてなかなかできないこの行為を、みうら氏独自の着眼点、ご自身による親子関係についての長年の研究、実験、効果等エピソードも著書に登場させながら、それを「SMプレイ」だとか、まあいろんなプレイみたいに、「親孝行ごっこ」とみなして親に接して行くと、親子関係はうまくいくと可笑しく分かりやすく書いてあるのと、「ごっこ」という言葉のもつ楽しげなイメージも相まってあっという間に読めました。

体験談(親と旅行へ行った時ハウトゥ、親友効果、親孝行する上での配偶者との関係性、注意点、ビフォーアフター等)も踏まえた親孝行術を読み進めるうちに自分の親との関係性へ次第に意識がいきました。
我が家は不仲とまでは行きませんが、大切に想いつつも近すぎる存在故にたまについ互いの我が出て疲れてしまう。「親子だし仕方ないね」と諦念や惰性に似たものに包んでこれまで深く考えたことがなかった。
なのでうそでもいいからプレイとして親を喜ばせることを念頭に置いた行動を心がけるシンプルで斬新な発想に「時にはごっこでもいいんだあ」と読書中から、なんというか毛穴から砂金がぱらぱら吹きだすような新しい感動が生まれた。

マイブーム、ゆるきゃらなどたくさんの言葉を世に広めたみうらさんですが、読んでみればこのタイトルも秀逸だと感じずにはいられない。
みうらさんは著書の中で、親孝行プレイを実践する人達をアムラー(古)とか、なんとかラーみたいに、「親コーラー」と名づけています。

つい忘れてしまう親孝行。私もこの本のことを時々思い出しながら、たまに親コーラーになりつつ、親との関係で悩みのある方にはそのアンサーブックとして一読の価値ありとおススメしたい裏名著です。やるね、みうらじゅん。

良い書評でしたら共有お願いします

関連書評

50歳を超えても30代に見える生き方 南雲吉則

「50歳を超えても30代に見える生き方」は最近テレビによく出演してらっしゃる南雲先生の書いた本です。

記事を読む

借りた金で死なないための129ヶ条 借金力 吉田猫次郎

吉田猫次郎 作「借りた金で死なないための129ヶ条 借金力」は書籍のタイトルのとおり、借金に関して知

記事を読む

ガラクタを捨てれば自分が見える カレン・キングストン

断捨離本が流行っていますが、その中でも割と有名なのがこちらの本 「ガラクタを捨てれば自分が見える」

記事を読む

何者 朝井リョウ

私と年齢が近いせいか、朝井リョウの作品はどれも文がすっと入ってきやすくお気に入りですが、この「何者」

記事を読む

日本のことを英語で話そう シーラクリフ

この本は、外国人から見た日本や外国人が興味のある日本の文化や習慣などについて、英語で説明できるように

記事を読む

月間人気書評ランキング

まだデータがありません。

既知からの自由 ジッドゥ・クリシュナムルティ

簡単に言えばこの本には真理が書かれています。それは痛快なまでに真実なの

学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶応大学に現役合格した話 坪田信貴

この本は学年でビリで偏差値が30以下のギャルが進学が危うい状態だったの

甲賀忍法帖 山田風太郎

山田風太郎氏のいわゆる「忍法帖」シリーズの第一作目です。深く考えずに読

孤島の鬼 江戸川乱歩

江戸川乱歩は非常に著名な作家で、名前を聞いたこともない、という方は少な

阪急電車 有川浩

図書館戦争で有名な有川浩の作品です。 阪急電車。近畿圏内の方しか

→もっと見る

  • まだデータがありません。

PAGE TOP ↑