神聖喜劇 大西巨人

カテゴリ:歴史・自伝 本の著者:

大西巨人著『神聖喜劇』は日本の純文学を代表する傑作です。保坂和志や奥泉光、阿部和重といった作家から柄谷行人のような評論家まで多くの文学者が日本文学最高の作品でだという判断を下しています。

『神聖喜劇』の舞台は1941年秋の対馬です。太平洋戦争が勃発しようとしている最中、新聞記者だった東堂太郎が対馬の砲兵要塞に招集され、新兵教育を受ける3ヶ月間が描かれています。読者は東堂太郎の姿を通して、かつての日本陸軍がどのような組織だったのか、そしてどのような教育がそこで行われていたのか知ることが出来るのです。そして日本陸軍の生活は、多くの事柄が明文の規定によって定められた杓子定規なものだったのです。

旧日本陸軍にはひとつの不条理がありました。それは新兵が教えられていない事柄に関して「知りません」と答えることが許されず「忘れました」と答えるように強要されるということです。
東堂太郎はそこに近代国家の根源的な矛盾を感じ、その不条理なルールに対して反抗を繰り広げようとします。東堂太郎には、一度読んだ文章はすべて記憶できるという天才的な頭脳の持ち主で、その能力を利用して、そのルールは無効であるという主張を繰り広げ、部隊内で上申しつづけながら、組織内闘争に及んでいくのです。

また『神聖喜劇』が優れているのはユーモアに富んでいるという点でもあります。全5巻、2,500ページを超えるドフトエフスキーの作品のような大長編でありながら、下ネタを含めた馬鹿馬鹿しい話や笑い話が多く含まれているのです。さらに様々な階層から占められる東堂太郎の同期兵たちの立ち居振る舞い、彼らが織りなすドラマはリアリティーにあふれ、この作品がフィクションであるということを忘れてしまうほどです。

この作品ほど奥深く、笑えて、大長編であるにもかかわらず短時間に読了してしまった作品はありません。
登場人物達の人間臭さは今に生きる私たちとなんら変らないものですし、日本陸軍がいかに現代の会社組織と類似しているかを知ることも出来ます。
また、第五巻の演習シーンでは、主要登場人物が集結したところで最大のクライマックスが用意されており、その読了感は圧倒的なものです。
もし無人島に持って行く本を一冊選べと言われたら、躊躇なく『神聖喜劇』を選ぶに違い有りません。

良い書評でしたら共有お願いします

関連書評

一日江戸人 杉浦日向子

江戸っ子という言葉は有名ですが、実際に江戸時代に何人くらいいたのか。江戸時代のトップといえば将軍様で

記事を読む

天命つきるその日まで アンパンマン生みの親の老い案内 やなせたかし

アンパンマンの作者でお馴染みのやなせたかしさんのエッセイで、93歳のときに執筆された本です。 主に

記事を読む

ギリシア神話を知っていますか 阿刀田高

読んで面白いだけではなく、実用的でもあります。著者の阿刀田高は1979年に『ナポレオン狂』で第81回

記事を読む

あかんやつら 東映京都撮影所血風録 春日太一

あかんやつら 東映京都撮影所血風録 には、映画制作会社である東映の歴史と、その本拠地たる京都撮影所で

記事を読む

齋藤一人の道は開ける 永松茂久

齋藤一人さんの名前を知ったのは、とあるブログがきっかけでした。 その方は、齋藤一人さんの本を読んで

記事を読む

月間人気書評ランキング

既知からの自由 ジッドゥ・クリシュナムルティ

簡単に言えばこの本には真理が書かれています。それは痛快なまでに真実なの

学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶応大学に現役合格した話 坪田信貴

この本は学年でビリで偏差値が30以下のギャルが進学が危うい状態だったの

甲賀忍法帖 山田風太郎

山田風太郎氏のいわゆる「忍法帖」シリーズの第一作目です。深く考えずに読

孤島の鬼 江戸川乱歩

江戸川乱歩は非常に著名な作家で、名前を聞いたこともない、という方は少な

阪急電車 有川浩

図書館戦争で有名な有川浩の作品です。 阪急電車。近畿圏内の方しか

→もっと見る

PAGE TOP ↑