小さいおうち 中島京子

カテゴリ:小説・文芸 本の著者:

先に映画をみたあとに、色々出てきた疑問を解消するべく原作本をよむことにしました。昭和初期の戦前~戦後直後までのとある東京郊外
にある「赤い屋根の小さいおうち」での生活が、当時女中をしていたタキばあちゃんの回顧録として明かされていきます。
そして回顧録を読んだ甥の息子の手によって現代につながり「小さなおうち」で起こった謎も解かれていきます。

まず事前に映画を観てしまっていたので大まかな流れはすでにわかっており、ラストもわかってはいましたが原作に力があるのでしょう、
ここは知ってる、と飛ばし読みすることなく読み終えることが出来ました。
正直、原作の方が素晴らしいです(まぁ素晴らしいから映画になったのでしょうが)でも映画を観てからなので登場人物が鮮やかにイメージできながら
読み進むことができたのも事実です。特に黒木華さんは原作のイメージ通りでした。

昭和の初めの東京がこんなに粋でオシャレな街であったとは驚きです。みんなモンペに竹やりというイメージでしたから。「奥様」は綺麗でセンスの良いものが
大好きでクラシックや劇が大好きで本人自身も人を惹きつける魅力がいっぱいの人だったのでしょう、タキさんは崇拝に近いものを抱いています。
回顧録の中でも「奥様」の事ばかりで「旦那様」の存在があまり感じられないほどです。
確かに一日中一緒にいるのは「奥様」「ぼっちゃん」かもしれませんが、田舎から出てきたタキさんにとって「奥様」は憧れの都会の象徴でもあったのかもしれないなと思いました。

そんな「奥様」が不倫をしてしまう…当時は犯罪です。秘密にしなければならないのに、周りには少しずつ噂も立ち始め、女中としてタキさんが取った行動が以後何十年と彼女に罪の意識としてのしかかり続けます。
タキさんが亡くなった後に、甥の息子によって何をしたのかがわかりますが、私はそこまで罪に感じなくても…と思いました。結果は変わらなかった訳ですし。

この「小さいおうち」は本編も面白いですが出てくる御飯やおかずがとても魅力的に書かれていてそこも読んでて楽しくなる要素の1つだと思います

文章も読みやすく、当時の人々が生き生きと描かれていて私はとてもおすすめな本だと思います。読んだ後に映画を観た方が楽しめるんじゃないかな…と思います。

良い書評でしたら共有お願いします

関連書評

バベットの晩餐会 イサクディーネセン

小説、バベットの晩餐会を読んでみました。この本は、19世紀後半の外国の小さな素朴な町が舞台です。敬虔

記事を読む

くっすん大黒 町田康

『くっすん大黒』は現在は高名な純文学作家として活躍する町田康の処女小説です。そもそも『くっすん大黒』

記事を読む

インシテミル 米澤穂信

本作においては、何よりまず最初に、「クローズドサークル」「推理ゲーム」といった極めて使い古されたガジ

記事を読む

ノルウェイの森 村上春樹

この小説は主人公の男性の揺れる自意識や喪失などが描かれています。 ストーリーとしては恋人が精神病棟

記事を読む

ピアッシング 村上龍

『ピアッシング』は村上龍の中編小説です。 人を殺してしまうかもしれないという強迫衝動を抱え持つ川島

記事を読む

月間人気書評ランキング

既知からの自由 ジッドゥ・クリシュナムルティ

簡単に言えばこの本には真理が書かれています。それは痛快なまでに真実なの

学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶応大学に現役合格した話 坪田信貴

この本は学年でビリで偏差値が30以下のギャルが進学が危うい状態だったの

甲賀忍法帖 山田風太郎

山田風太郎氏のいわゆる「忍法帖」シリーズの第一作目です。深く考えずに読

孤島の鬼 江戸川乱歩

江戸川乱歩は非常に著名な作家で、名前を聞いたこともない、という方は少な

阪急電車 有川浩

図書館戦争で有名な有川浩の作品です。 阪急電車。近畿圏内の方しか

→もっと見る

PAGE TOP ↑