十角館の殺人 綾辻行人

カテゴリ:小説・文芸 本の著者:

普段からよく推理小説を読むのですが、次に何の本を読もうかと考えているときに
ふと目にとまったのがこの「十角館の殺人」でした。
ネットなどで評判を調べると「衝撃の1行」という言葉が多く目に入り、
そんなに衝撃なのかと若干の疑問を抱きつつも購入して読んでみました。
読んだ感想はというと、見事にしてやられた感があります。

外部からの接触を断たれた孤島で巻き起こる連続殺人事件。
そういうと、なんだかありきたりなイメージがあるかもしれません。
しかし、ありきたりだからこそ著者の力量が問われるこのジャンル。
今やミステリ界の大御所となった綾辻氏の処女作ですが、その力量はこのころから健在だと思わされました。

現在はこの本の新装改訂版が出ていますが、そちらは完全に””衝撃の1行””を意識した構成になっています。
ページをめっくった瞬間に、その1行が目に飛び込んできます。
自分はミステリの醍醐味に、トリックや犯人が分かった喜び以上に作者にうまくしてやられた感があると思っています。
中途半端にただ意外性を持たせたいがだけの「衝撃の展開」ではなく、
最初から伏線を張りに張り、なお且つその伏線を読者にまっく気づかせない。
しかし読み返してみるとその伏線は堂々と隠すことなく書いてある。
これは完全に著者の力量によるところです。
“”騙される””というと聞こえは悪いかもしれませんが、
完璧に騙されたときはある意味すがすがしく気持ちのいいものがあります。
特にこの作品は、たった1行で自分は一体何に騙されていたのかが分かるのでより一層気持ちがよかったです。
何となく心のどこかに引っかかっていたモヤモヤが、一瞬にして晴らされたような気持ちよさ。
そして、一気に事件の真相や犯人が分かった時の爽快感。
その両方を見事に与えてくれました。

推理小説というと、何としてでも解いてやろうと思いながら読む人が多いと思います。
しかし、たまには盛大に騙されてみるのもまた一興です。
そんな楽しさを再確認させてくれた一冊でした。

良い書評でしたら共有お願いします

関連書評

この世でいちばん大事な「カネ」の話 西原理恵子

これは、漫画家の西原理恵子さんが、お金にまつわる自らの経験をもとに、「お金」と「働くこと」に関して語

記事を読む

あぐり95年の奇跡 吉行あぐり

日本で「あぐりさん」と訊けば、「1997年の、NHK朝の連続テレビ小説のあぐりさん」と誰しもが連想す

記事を読む

闇に葬られた歴史 副島隆彦

歴史を研究する学者は、それぞれ様々な歴史関係の学会に入っています。しかし、学会というのは村社会と同じ

記事を読む

名前探しの放課後 辻村深月

主人公の高校生・依田いつかは、ある日突然未来の記憶を持ったまま過去へと戻されます。 その記憶の中で

記事を読む

悪の教典 貴志祐介

悪の教典は、とある私立高校に赴任してきた英語教師が、文化祭の前夜自分が受け持つクラスの生徒を次々と手

記事を読む

月間人気書評ランキング

既知からの自由 ジッドゥ・クリシュナムルティ

簡単に言えばこの本には真理が書かれています。それは痛快なまでに真実なの

学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶応大学に現役合格した話 坪田信貴

この本は学年でビリで偏差値が30以下のギャルが進学が危うい状態だったの

甲賀忍法帖 山田風太郎

山田風太郎氏のいわゆる「忍法帖」シリーズの第一作目です。深く考えずに読

孤島の鬼 江戸川乱歩

江戸川乱歩は非常に著名な作家で、名前を聞いたこともない、という方は少な

阪急電車 有川浩

図書館戦争で有名な有川浩の作品です。 阪急電車。近畿圏内の方しか

→もっと見る

PAGE TOP ↑