舟を編む 三浦しをん

カテゴリ:小説・文芸 本の著者:

辞書を編集する人の物語です。辞書を作るということに情熱を持って生涯をかけて取り組む人がいることを意識させられ、驚きました。
携わる人々の、辞書に対する情熱の種がどこにあるのか、何を喜びとして取り組んでいくのか、ということに興味を覚えました。この本では、登場人物の中の数人の視点を持って物語がすすみます。

 子供の頃から言葉の奥深さを知り、辞書を作る人になりたいと明確な辞書への情熱を持ち続けてきた編集者が、出版社を定年退職するにあたり、後任者を探すところから、始まります。地味で変わった人と評される人物を観察し、本棚を整理するしぐさを見て、辞書の編集に適任と見極めるところには、はっとさせられました。辞書に取り組み続けてきた人の目でした。そして後任に就いた、まじめ、なる人物が、この本の主人公です。地味で不器用なまじめの人となりや、まじめ本人の視点からみた周りの世界との関わり、そして、辞書作りに取り組む、まじめならではの姿勢などが、非常によく描かれ、とてもおもしろく読み進めることができます。また、その周囲の人物たちの視点での文章によって、それぞれの人の仕事への考えや、まじめに引っ張られるようにして辞書にのめりこんでいく心理状態や、それぞれの持つ適正などもあきらかになっていきます。

 辞書を作るという作業のそれぞれの段階も、興味深いものでした。言葉を収集し整理すること、原稿の執筆にまつわるあれこれ、校正の大変さ、それから、装丁や、紙など、それぞれの部分に関わる人々の、真剣な取り組み。たくさんの工程を経て、携わる人々に訪れるいろいろな変化を乗り越えて、15年の月日を経て、辞書が出来上がっていきます。今、ここで、自分ができることに誠心誠意とりくむ、ひとりひとりのその姿勢が集まった結果、辞書という大きな言葉の海をすすむ舟が出来上がるのです。辞書の完成に、まるで自分が取り組んだことのように、感動しました。自分が今できること、自分だけではできないこと、情熱のありか、そういったものを見直す気持ちになりました。

良い書評でしたら共有お願いします

関連書評

脳のなかの幽霊 V・S・ラマチャンドラン

私がこの本を手に取ったきっかけは、脳腫瘍患者のテレビを見たからでした。 この本を読むまでは、脳の機

記事を読む

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン リリー・フランキー

「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」は著者リリー・フランキーの自伝であり、私小説です。

記事を読む

シートン動物記 アーネスト・トンプソン・シートン

アーネスト・トンプソン・シートンは、九百年代半ばに没した博物学者。自然を愛し、動物に魅入られ、書いた

記事を読む

この世でいちばん大事な「カネ」の話 西原理恵子

これは、漫画家の西原理恵子さんが、お金にまつわる自らの経験をもとに、「お金」と「働くこと」に関して語

記事を読む

昨日のカレー、明日のパン 木皿泉

この本「昨日のカレー、明日のパン」は「木皿泉」のペンネームで執筆している日本の脚本家二人が紡ぐ何気な

記事を読む

月間人気書評ランキング

既知からの自由 ジッドゥ・クリシュナムルティ

簡単に言えばこの本には真理が書かれています。それは痛快なまでに真実なの

学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶応大学に現役合格した話 坪田信貴

この本は学年でビリで偏差値が30以下のギャルが進学が危うい状態だったの

甲賀忍法帖 山田風太郎

山田風太郎氏のいわゆる「忍法帖」シリーズの第一作目です。深く考えずに読

孤島の鬼 江戸川乱歩

江戸川乱歩は非常に著名な作家で、名前を聞いたこともない、という方は少な

阪急電車 有川浩

図書館戦争で有名な有川浩の作品です。 阪急電車。近畿圏内の方しか

→もっと見る

PAGE TOP ↑