三匹のおっさん 有川浩

カテゴリ:小説・文芸 本の著者:

タイトルの通り三人のおっさんが主人公の物語です。
しかも三人とも還暦過ぎ。還暦過ぎのおっさんが主人公と聞くと地味な内容なのか?と思いがちですが実際は真逆です。
おっさんたちが町内を駆け巡り町の平和を脅かす悪人を独自にやっつけていくという愉快痛快ストーリーとなっています。そしてなんといってもこの本の一番の魅力はその個性豊かな登場人物達です。特に、ストーリーの軸となる三人のおっさんが凄い!
 1人目の通称キヨは還暦を迎えたもののまだまだ元気な頑固者。
自宅には道場があり、かつてはキヨ自らが生徒を募り剣道を教えていたというほどのその道の達人です。
2人目の通称シゲは居酒屋を夫婦で営んでいたものの、現在ではそのお店も息子夫婦に託し、たまに店を手伝いつつも暇を持て余す日々を過ごしています。また、キヨ同様武術の心得があり柔道の達人です。3人目の通称ノリは妻に先立たれ高校生の1人娘を持つシングルファザー。工学部系の大学を出たということもあり脱サラした後、その手先の起用さを活かした部品などの試作を請け負う小さな工場を営んでいます。
 こんな三人の関係は幼馴染みであり小さな頃には町内にその名を轟かせた悪ガキだったのです。しかし、そんな三人も還暦を迎え暇を持て余す日々。そこで思いついたのが町内で悪事を働く輩を見つけて三人で成敗するという正義の味方だったのです。
 リーダー的存在のキヨを中心に、腕のたつシゲと頭脳派ノリの三人組が毎回痴漢やお年寄りを狙った詐欺などの悪事を働く輩を成敗していく姿はまさに痛快です。また、おっさんばかりではなくおっさんたちと家族の関係も話毎に描かれていて、嫁姑問題であったり孫とのコミュニケーションの取り方、夫婦間でのいざこざといったどの家庭でも一つは当てはまるような話がちりばめられているので、自分自身どこかしらに共感しながら読み進めることができます。また、おっさんが主人公なので色恋沙汰の話は皆無なのかと思いきや、キヨの孫とノリの娘の淡い恋なども同時に描かれています。 
 おっさんばかりが主人公ではなく登場人物全員を好きになれるようなストーリー構成となっている所が一番の見所なのではないかと思います。

良い書評でしたら共有お願いします

関連書評

脳のなかの幽霊 V・S・ラマチャンドラン

私がこの本を手に取ったきっかけは、脳腫瘍患者のテレビを見たからでした。 この本を読むまでは、脳の機

記事を読む

空の中 有川浩

最近読んだ中で、有川浩の初期の作品、自衛隊三部作と呼ばれている中の一冊、「空の中」が楽しめました。

記事を読む

BRAIN VALLEY 瀬名秀明

瀬名秀明のSF小説「BRAIN VALLEY」上下巻を読んでの感想ですが、まず瀬名秀明さんの小説には

記事を読む

阪急電車 有川浩

図書館戦争で有名な有川浩の作品です。 阪急電車。近畿圏内の方しかご存知のないローカルな電車だと

記事を読む

I’m sorry, mama 桐野夏生

I’m sorry, mamaは桐野夏生さんお得意の、読んでいると眉間にしわが寄ってしまう、人間の芯

記事を読む

月間人気書評ランキング

既知からの自由 ジッドゥ・クリシュナムルティ

簡単に言えばこの本には真理が書かれています。それは痛快なまでに真実なの

学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶応大学に現役合格した話 坪田信貴

この本は学年でビリで偏差値が30以下のギャルが進学が危うい状態だったの

甲賀忍法帖 山田風太郎

山田風太郎氏のいわゆる「忍法帖」シリーズの第一作目です。深く考えずに読

孤島の鬼 江戸川乱歩

江戸川乱歩は非常に著名な作家で、名前を聞いたこともない、という方は少な

阪急電車 有川浩

図書館戦争で有名な有川浩の作品です。 阪急電車。近畿圏内の方しか

→もっと見る

PAGE TOP ↑