今日、カレーとシチューどっちがいい?つれづれノート(18) 銀色夏生

カテゴリ:暮らし 本の著者:

銀色夏生さんの大人気シリーズ「つれづれノート」のうちの『今日、カレーとシチューどっちがいい?』です。私はこのシリーズが大好きでもう、一巻からずっと読んでいるのですが、銀色さんのものに対する考え方、そしてなにより二人のお子様(カンちゃんとさくくん)の成長ぶりが伺えてとても楽しく読める作品です。

1巻から数えるともう10年、いや15年以上は経っているのですがそんなに長い間このシリーズを続けるというのにも尊敬しますし、発売するということは売れているということですから、ただただ感服なのです。

さて、『今日、カレーとシチューどっちがいい?』についてですが、この作品では相変わらずなカンちゃんとさくくんの日常がより描かれております。そして、なにより驚くのが小学校4年生のさくくんを一人暮らしさせていること。通常じゃ考えられない生活ですよね。しかし銀色さん一家ではそれが通常なんです。もちろん、佐久君の性格や適性、周りに大人がいるという環境の中での一人暮らしだと思いますが、9歳、10歳の男の子の自立感といったらもう脱帽なのです。それを批判する人もいるでしょう。しかし、家族のことについては他人がとやかく口を出すことではないと思っています。考えに考えて出した結果だと思うからです。それに、今までの銀色さんの作品を読んで来ればなんとなく「あ、そういうこともするんだ」と案外すんなり受け入れることもできるのです。

そしてカンちゃんですが、カンちゃんというのは一番最初の子供で、この本の中では高校生なのですが年頃の娘らしく反抗したり帰りが遅かったり、それはそれは目に余る表現もあります。それでも銀色さんは銀色さんらしく子育てされている・・・子育てというより共同生活といったほうがいいでしょうか。こう書くと失礼ですが、銀色さんはお子さんに対して「教えてやる」というスタンスではなく「この世の中のことでわからないことは教えるけれど、基本的には同じスタンスでいよう」という考えのようなのです。これは私がそう感じただけでご本人がどう思っていらっしゃるかわかりませんが、それは子供にとってはすごく生きやすいんじゃないかと思うのです。

母親と言うよりは運命共同体というか、困った時は助け合うけどそれ以外は基本的に自由ねという生活。すごく憧れます。いろいろとしがらみにしばられて苦しくなっている人にはぜひおすすめの一冊です。

良い書評でしたら共有お願いします

関連書評

ヤマケイアルペンガイド10南アルプス 中西俊明・山下春樹

南は静岡県から北は長野県、主に山梨と長野と静岡の県境にそびえる赤石山脈のコースガイドです。 は

記事を読む

脳は悲鳴を上げている 清水俊彦

長年、頭痛に苦しめられているので、何か参考になれば…とすがるような気持ちで手に取った本です。

記事を読む

お菓子作りのなぜ?がわかる本 相原一吉

お菓子作りのなぜ?がわかる本は題名の通り、お菓子を作る際の手順や材料について「なぜ、そうであるか」が

記事を読む

ボタニカル・ライフ植物生活 いとうせいこう

この本を読むきっかけになったのはドラマになったものをテレビで見た事でした。 中年の一人暮らしの男性

記事を読む

何者 朝井リョウ

私と年齢が近いせいか、朝井リョウの作品はどれも文がすっと入ってきやすくお気に入りですが、この「何者」

記事を読む

月間人気書評ランキング

まだデータがありません。

既知からの自由 ジッドゥ・クリシュナムルティ

簡単に言えばこの本には真理が書かれています。それは痛快なまでに真実なの

学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶応大学に現役合格した話 坪田信貴

この本は学年でビリで偏差値が30以下のギャルが進学が危うい状態だったの

甲賀忍法帖 山田風太郎

山田風太郎氏のいわゆる「忍法帖」シリーズの第一作目です。深く考えずに読

孤島の鬼 江戸川乱歩

江戸川乱歩は非常に著名な作家で、名前を聞いたこともない、という方は少な

阪急電車 有川浩

図書館戦争で有名な有川浩の作品です。 阪急電車。近畿圏内の方しか

→もっと見る

  • まだデータがありません。

PAGE TOP ↑