感情を出したほうが好かれる 加藤諦三

カテゴリ:人文・思想 本の著者:

人に好かれたい、気に入られたいがために自分の本当の感情を押し殺してしまう。
相手の気持ちにばかりに気をとられて自分らしく生きられない。
そんな人たちに読んでほしいおすすめの本です。
この本は、そのような人たちがなぜ自分らしく生きられないのかについての考察と、
なぜ自分の感情を出したほうがうまくいくのか、反対に、自分の感情を隠して生きている人はなぜ人から好かれることがないのか、
実例などを用いて考察しています。

まとまった時間は取りにくいので、家事の合間をぬって少しづつ読み進めました。
3日ほどで読み終わりました。

自分自身、人に遠慮しすぎて自分の感情を隠してしまう傾向があったので、
共感しながら読み進んでいきました。
自分の問題点について客観的な視点で見ることができたのが良かったです。
また、なぜ考えを変えるべきなのか、どう改善すべきかについても具体的に書かれていたのでとても参考になりました。

欠点や失敗したことも含めて自分のことを好きになり、ありのままの自分を出したほうが、自分自身も気がラクだし、
周りの人にも受け入れてもらいやすいということがわかりました。
いつも失敗することを恐れて一歩を踏み出せない私ですが、この本を読んで勇気をいただけました。

なぜ人に好かれようとして本当の自分を隠してしまうのか、自分自身でも気づかなかった理由について
知ることができ、合点がいきました。
ありのままの自分を出してもいいんだ、と自信と勇気をもらえた本です。
理論的に書かれていて、ただの「元気にいこうよ」的なポジティブ思考をすすめる本ではないところがよかったです。

良い書評でしたら共有お願いします

関連書評

スタートライン 喜多川 泰

まず、主人公は高校三年生の男の子、大祐です。その男の子の学校に東京からの転校生、真苗がやってきます。

記事を読む

だれにでも「いい顔」をしてしまう人 嫌われたくない症候群 加藤諦三

これの本の内容は、タイトル通り「誰にでもいい顔をしてしまう人」の特徴が書かれています。 どのような

記事を読む

「心のブレーキ」の外し方~仕事とプライベートに効く7つの心理セラピー 石井裕之

「心のブレーキ」の外し方~仕事とプライベートに効く7つの心理セラピー は何かをやる気になってはじめて

記事を読む

慟哭 貫井徳郎

私は、一か月に平均2~3冊の本を読みます。ほぼミステリー。 ミステリーというと、「果たして犯人は誰

記事を読む

マイトレーヤの使命 ベンジャミン・クレーム

この本には今現在マイトレーヤ(キリストの意識)が臨在しているという事実が書かれております。 また彼

記事を読む

月間人気書評ランキング

既知からの自由 ジッドゥ・クリシュナムルティ

簡単に言えばこの本には真理が書かれています。それは痛快なまでに真実なの

学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶応大学に現役合格した話 坪田信貴

この本は学年でビリで偏差値が30以下のギャルが進学が危うい状態だったの

甲賀忍法帖 山田風太郎

山田風太郎氏のいわゆる「忍法帖」シリーズの第一作目です。深く考えずに読

孤島の鬼 江戸川乱歩

江戸川乱歩は非常に著名な作家で、名前を聞いたこともない、という方は少な

阪急電車 有川浩

図書館戦争で有名な有川浩の作品です。 阪急電車。近畿圏内の方しか

→もっと見る

PAGE TOP ↑