運命が不思議なほどわかる本 ジョセフ・マーフィー

言わずとしれたマーフィー博士の著作本のひとつ。しかも「易」について書かれたものです。

はっきり言って「占い」にはあまり関心が無いため、そんなに興味をそそるとは最初思いませんでした。しかしこの本を薦めてくれた知人が「『易』は、初心者が占うと そのものズバリ!と感じられるような神秘的な結果が出ることがあるので侮れないよ」と話していたので、それがひっかかって少々気合いを入れて読んでみることにしたのです。

内容の殆どは64種ある卦を それぞれ説明することに充てられていますが、堅苦しくなく わかりやすい言葉で綴られているので疲れることはありません。「易」の こむずかしいイメージが苦手ゆえ「喰わず嫌い」の人でも大丈夫。また、筮竹などを用意しなくてもコインが3枚あれば簡単に着手することが出来るのも有難いです。

実を申しますと 占いと称してはいても本当は各人の「潜在意識」が 心の奥底で知っていることを見えるものとして提示するのが「易」らしいのです。それを踏まえて騙された気持ちで私が試してみると、前述の如く「そのものズバリ!」と感じられる卦が出てくることも少なくありませんでした。

しかし実際、そう認識するのは 本人の解釈。易の結果そのものは具体的に何かを語るわけではなく、抽象的な暗示しか与えません。それをどのように読み解くべきか というのは本人次第なのですが、的を射た答えが示される率は かなり高いと考えています。

「易」に興味はあるが難しそうで躊躇している、という人にはオススメです。

良い書評でしたら共有お願いします

関連書評

だれにでも「いい顔」をしてしまう人 嫌われたくない症候群 加藤諦三

これの本の内容は、タイトル通り「誰にでもいい顔をしてしまう人」の特徴が書かれています。 どのような

記事を読む

宇宙飛行士に学ぶ心の鍛え方 古川聡

第28次/29次のISS(国際宇宙ステーション)長期滞在した宇宙飛行士:古川聡さん著の本書。宇宙飛行

記事を読む

慟哭 貫井徳郎

私は、一か月に平均2~3冊の本を読みます。ほぼミステリー。 ミステリーというと、「果たして犯人は誰

記事を読む

トランスヒマラヤ密教入門 アリス・A・ベイリー

この本には簡単に言えば秘教とよばれている不朽の知恵がつまっています。著者はアリス・ベイリーというイギ

記事を読む

だれとも打ち解けられない人 加藤諦三

私が初めてこの本を手に取ったのは、人間関係にどんずまりになってしまって会社を退社した後でした。なぜう

記事を読む

月間人気書評ランキング

既知からの自由 ジッドゥ・クリシュナムルティ

簡単に言えばこの本には真理が書かれています。それは痛快なまでに真実なの

学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶応大学に現役合格した話 坪田信貴

この本は学年でビリで偏差値が30以下のギャルが進学が危うい状態だったの

甲賀忍法帖 山田風太郎

山田風太郎氏のいわゆる「忍法帖」シリーズの第一作目です。深く考えずに読

孤島の鬼 江戸川乱歩

江戸川乱歩は非常に著名な作家で、名前を聞いたこともない、という方は少な

阪急電車 有川浩

図書館戦争で有名な有川浩の作品です。 阪急電車。近畿圏内の方しか

→もっと見る

PAGE TOP ↑