ユングの生涯 河合隼雄

カテゴリ:歴史・自伝 本の著者:

この本は題名通り、ユングの人生について書かれています。
ユングがどのようにユング思想を作り上げたのか、どのようにして無意識に関する数々のアイディアを得たのか、そのキッカケなどをユングの生涯を通して語っています。

この本のいいところはなんといっても、ユングの心理学の入門書として最適だということです。

ユングの心理学に関する本と言えば本当に星の数ほど出版されていますが、私はそれらを読んでいる中でこの本と出会ったのですが、この本が入門書としては最も優れています。

まず著者が日本を代表するユング研究者の一人である河合隼雄さんであることが大きいです。

著者の語り口は極めて明快で非常に分かりやすくユング心理学について分かりやすく解説してくれています。
しかも非常のそういった入門書のよう段落ごとに機械的にではなく、ユングの生涯を通じてどういう必然があって、どういう経由でそういった心理学が作られたか順を追って書かれているので、非常に理解しやすいのです。

これはまさにユング心理学が物語性を通して人間は発展、進化していくと述べたことの実践でもあると言えると思います。
また、フロイトとの出会い、別れ、それによってユングが得た葛藤とアイディアを得る場面が描かれた箇所は非常に感動的ですらあります。
私はこの本によってユングという人の人となりを改めて物語として把握し、またユング心理学の骨格や概要を明確に掴む事が出来たと思っています。
ユング好きな人はもちろん、ユングを知らない人にも入門書として是非お勧めしたい一冊です。

良い書評でしたら共有お願いします

関連書評

Dr.ドルフィンの地球人革命 松久正

この本「Dr.ドルフィンの地球人革命」には人はとは一体なんなのか?といったような生命の神秘がつまって

記事を読む

学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶応大学に現役合格した話 坪田信貴

この本は学年でビリで偏差値が30以下のギャルが進学が危うい状態だったので母親に連れられて塾に通うとこ

記事を読む

一夢庵風流記 隆慶一郎

この本の主人公前田慶次利益については、マンガやゲーム、パチンコ、パチスロが好きな人達はよく知っている

記事を読む

私の台所 沢村貞子

昭和の時代に、母親、お姑さん役で活躍された女優、沢村貞子さんのエッセイです。毎日のくらしを、丁寧にこ

記事を読む

一日江戸人 杉浦日向子

江戸っ子という言葉は有名ですが、実際に江戸時代に何人くらいいたのか。江戸時代のトップといえば将軍様で

記事を読む

月間人気書評ランキング

まだデータがありません。

既知からの自由 ジッドゥ・クリシュナムルティ

簡単に言えばこの本には真理が書かれています。それは痛快なまでに真実なの

学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶応大学に現役合格した話 坪田信貴

この本は学年でビリで偏差値が30以下のギャルが進学が危うい状態だったの

甲賀忍法帖 山田風太郎

山田風太郎氏のいわゆる「忍法帖」シリーズの第一作目です。深く考えずに読

孤島の鬼 江戸川乱歩

江戸川乱歩は非常に著名な作家で、名前を聞いたこともない、という方は少な

阪急電車 有川浩

図書館戦争で有名な有川浩の作品です。 阪急電車。近畿圏内の方しか

→もっと見る

  • まだデータがありません。

PAGE TOP ↑