台湾人には、ご用心! 酒井 亨

カテゴリ:暮らし 本の著者:

この本では台湾に長く住んで仕事をしていた著者(日本人)の方が、日本人が誤解している台湾人像を細かく分析し、その誤解を解くために詳しく説明しています。実際に読んでみると台湾人と中国人の違い、台湾国内で北に住む人と南に住む人の性格の違い、台湾人のとる行動(食事・仕事)も初めて知ることばかりで驚きの連続でした。

「どうして台湾人は親日なのか」について、著者の方の偏った考え方(左翼主義)が部分的に垣間見えることがあったので、そのような所は話半分で読みました。具体的には戦時中や現在の歴史教育に関連してくる話なのですが、日本人であれ台湾人であれ読む人によって評価が分かれるところを、著者が全台湾人の意見を代弁するかのごとく言い切ってしまうのはこの本の最も勿体ない部分だと思います。ですから読んで違和感を覚えることもあるので、そのような部分は話半分で読み、それ以外は真剣に読むのが良いと思います。

ちなみにこの本は台湾でも発売されていて、私の知り合いの台湾人(10~30代の男女)はみなさん一度は読んでいました。感想を聞くと台湾人としておかしく思える所があるが、全体の評価としては正しい部分が多いと言っていました。結果的に、日本人が勝手に「台湾人の国民性」を想像しそして台湾人からは「日本人からこんな感じで思われているんだ」という双方向に向けた本として読まれているので、とても面白い趣向だと思います。

今ならネットですぐに台湾人と接することができます。アニメやゲーム、J-POP、日本観光などに興味を持っている人が多いことそして日本語を読み書きできる人が多いこともあってわざわざ台湾に行かなくても某巨大電子掲示板やニコ生で台湾人と接することができますし、留学やワーキングホリデーで来日している台湾人も多いので仕事で接する人も多いと思いますけれど、そのような人に是非おすすめしたい本です。尚、この本では台湾人にどのような行動をすると喜ばれ、あるいは怒るかの注意点も書いています。私も一応この本に習って台湾人を怒らせないように注意しています。基本的に台湾人は明るくてあっさりしているので大丈夫ですが、怒らせるとちょっとした国際問題にもなるので、台湾人と接する人には台湾入門編として一度は読んで欲しいですね。

良い書評でしたら共有お願いします

関連書評

何者 朝井リョウ

私と年齢が近いせいか、朝井リョウの作品はどれも文がすっと入ってきやすくお気に入りですが、この「何者」

記事を読む

戦火のレシピ 斎藤美奈子

戦争中、日本人は何を食べていたのでしょうか。 とにかく食べるモノがなく、闇市で食料を手に入れた

記事を読む

生きる悪知恵 西原理恵子

西原理恵子さんは漫画家なのですが、この本はすごく面白いですしためになります。 道徳の授業では教えて

記事を読む

白いインテリアが上手につくれる本 主婦と生活社

「白いインテリア」と一口にいっても、フレンチカントリーやモダンスタイル、ヨーロピアンエレガントなど、

記事を読む

ヤマケイアルペンガイド10南アルプス 中西俊明・山下春樹

南は静岡県から北は長野県、主に山梨と長野と静岡の県境にそびえる赤石山脈のコースガイドです。 は

記事を読む

月間人気書評ランキング

既知からの自由 ジッドゥ・クリシュナムルティ

簡単に言えばこの本には真理が書かれています。それは痛快なまでに真実なの

学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶応大学に現役合格した話 坪田信貴

この本は学年でビリで偏差値が30以下のギャルが進学が危うい状態だったの

甲賀忍法帖 山田風太郎

山田風太郎氏のいわゆる「忍法帖」シリーズの第一作目です。深く考えずに読

孤島の鬼 江戸川乱歩

江戸川乱歩は非常に著名な作家で、名前を聞いたこともない、という方は少な

阪急電車 有川浩

図書館戦争で有名な有川浩の作品です。 阪急電車。近畿圏内の方しか

→もっと見る

PAGE TOP ↑