天命つきるその日まで アンパンマン生みの親の老い案内 やなせたかし

カテゴリ:歴史・自伝 本の著者:

アンパンマンの作者でお馴染みのやなせたかしさんのエッセイで、93歳のときに執筆された本です。
主にやなせさんが「老い」とどう向き合っているかが書かれています。

 やなせさんの作品が世に出始めたのは還暦を過ぎたあたりから。
その頃から急に仕事が増えだし、やなせさん曰く、「予想外の展開」です。
そして年を取れば取るほど、普通の人が生活落ち着いていくのとは逆にやなせさんの生活はどんどんにぎやかになっていきます。
間に何度も大病を患い死の淵を彷徨う経験をしたこともあって、やなせさんはいい意味で生きることに固執します。
いつまでも元気にアンパンマンを描き続けたいと願うのです。

 そんなやなせさんが描くエッセイですから、とても文章が生き生きとしいて、「老い」に対してもユーモアたっぷりです。
93歳ですから、体なんかはボロボロで日常生活も苦労したりします。
そんなことも笑いに変えてしまうのです。

 老人というとどうしても元気がなく、どんよりした、人生の終末を迎える悲壮感が漂っているイメージを持ってしまいます。
私はときどきふと自分が年老いたらどうなるのかと想像しては、前途の無さに絶望してしまいます。
明るい老後のイメージは無いものかと思い手に取ったのがこの本です。
確かに人は老いる。

でも、老人になったからと言って何かを諦める必要はないんです。
命も生きがいも。どれも死の間際だって持っていられることができるんです。
そう考えると死も生と続いている、そんな新しいイメージがこの本を読んで私の中に沸き起こりました。

良い書評でしたら共有お願いします

関連書評

一日江戸人 杉浦日向子

江戸っ子という言葉は有名ですが、実際に江戸時代に何人くらいいたのか。江戸時代のトップといえば将軍様で

記事を読む

Dr.ドルフィンの地球人革命 松久正

この本「Dr.ドルフィンの地球人革命」には人はとは一体なんなのか?といったような生命の神秘がつまって

記事を読む

父の詫び状 向田邦子

皆さんは向田邦子の『父の詫び状』という本をご存じでしょうか。 向田邦子というと、『阿修羅のごとく』

記事を読む

都会で聖者になるのはたいへんだ ブルース・スプリングスティーンインタビュー集1973-2012 ジェフ・バーガー

アメリカの国民的歌手のブルース・スプリングスティーンのインタビュー集です。 日本では「ボーンイ

記事を読む

私のスフレ 林真理子

林真理子さんの中学校の後半くらいから、作家になるまでのエッセイ集。 何となく手にとって読みました。

記事を読む

月間人気書評ランキング

既知からの自由 ジッドゥ・クリシュナムルティ

簡単に言えばこの本には真理が書かれています。それは痛快なまでに真実なの

学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶応大学に現役合格した話 坪田信貴

この本は学年でビリで偏差値が30以下のギャルが進学が危うい状態だったの

甲賀忍法帖 山田風太郎

山田風太郎氏のいわゆる「忍法帖」シリーズの第一作目です。深く考えずに読

孤島の鬼 江戸川乱歩

江戸川乱歩は非常に著名な作家で、名前を聞いたこともない、という方は少な

阪急電車 有川浩

図書館戦争で有名な有川浩の作品です。 阪急電車。近畿圏内の方しか

→もっと見る

PAGE TOP ↑