都会で聖者になるのはたいへんだ ブルース・スプリングスティーンインタビュー集1973-2012 ジェフ・バーガー

カテゴリ:歴史・自伝 本の著者:

アメリカの国民的歌手のブルース・スプリングスティーンのインタビュー集です。

日本では「ボーンインザUSA]など80年代に大ヒットを飛ばしたことで有名です。最近は今年1月に通算18作目となる新作『ハイ・ホープス』が発売されたばかりです。この新しいアルバムにまたこの曲を再録したということで話題になりました。

この本ではイタリア系アメリカ人の彼が成功するまでの生い立ちから有名な曲誕生のエピソードやコンサートの様子、有名人との交流、ファンとの交流の話。型にはまらない自由な態度に衝撃を受けました。

そして主にバンドで活躍していたため、仲間との付き合いから、道のりと考え方、曲の元になる材料は何か興味深い内容です。売れなかった若いバンド時代の苦労やどう乗り越えてきたのか、また故郷への思い有名な記者とのインタビューはおもしろく、コンサートやエピソードただ曲を作り歌って運がよく売れたわけではない、頭を使い考え戦略を練って頭のいい人だなという印象です。ロックンローラーだけれどいい兄貴であり父親で頼りがいのあるアメリカンらしいスター。

それ加えて挑戦的で前向きでまた性格がとてもよく愛されるのも納得です。ロックといえば社会に反抗してる印象をもっていたのですが、ただ反抗するだけではなく提案し人生を表現する手段でもある面もあるのです。成功し受け入れられ周囲がなんでもしてくれるような有名になってもおごらず受け入れることもできるおおらかさを持っている人なのです。

また創作活動するには成功するにはどういう要素が必要なのかヒントにもなるとも言えると思います。

人種、社会、宗教、また結婚子育てまで親として家族としてまっすぐに生きている点はさすがと思います。

名言は必見。迷いながら生きている人もこの本に触れてエネルギーと勇気をもらえるのではないでしょうか。

登場する有名人を調べながら読むとまた新しい発見がでて面白いです。特に曲を流しながら本を読むのおすすめです。

良い書評でしたら共有お願いします

関連書評

私のスフレ 林真理子

林真理子さんの中学校の後半くらいから、作家になるまでのエッセイ集。 何となく手にとって読みました。

記事を読む

太公望 宮城谷昌光

「封神演義」という有名な講談がありますが、それと同じ題材の中国歴史小説ですが、女?も仙人も出てきませ

記事を読む

メルトダウン ドキュメント福島第一原発事故 大鹿 靖明

『メルトダウン ドキュメント福島第一原発事故』は雑誌アエラの記者である大鹿靖明氏による、福島原発事故

記事を読む

怖い絵 中野京子

一枚の絵。それが描かれた背景や歴史的事実を知ると、 目で見ただけでは判らなかった恐怖が浮かび上がっ

記事を読む

一日江戸人 杉浦日向子

江戸っ子という言葉は有名ですが、実際に江戸時代に何人くらいいたのか。江戸時代のトップといえば将軍様で

記事を読む

月間人気書評ランキング

既知からの自由 ジッドゥ・クリシュナムルティ

簡単に言えばこの本には真理が書かれています。それは痛快なまでに真実なの

学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶応大学に現役合格した話 坪田信貴

この本は学年でビリで偏差値が30以下のギャルが進学が危うい状態だったの

甲賀忍法帖 山田風太郎

山田風太郎氏のいわゆる「忍法帖」シリーズの第一作目です。深く考えずに読

孤島の鬼 江戸川乱歩

江戸川乱歩は非常に著名な作家で、名前を聞いたこともない、という方は少な

阪急電車 有川浩

図書館戦争で有名な有川浩の作品です。 阪急電車。近畿圏内の方しか

→もっと見る

PAGE TOP ↑