スタートライン 喜多川 泰

カテゴリ:人文・思想 本の著者:

まず、主人公は高校三年生の男の子、大祐です。その男の子の学校に東京からの転校生、真苗がやってきます。
いつしか大祐は、真苗に恋をし、告白することになりますが、その結果は…

この小説は、高校生の淡い恋の物語のなかに、これから読者が情熱をもって挑戦し続けられるように著者からの熱いメッセージが込められています。
この本を読むことで、様々なことに挑戦することに勇気が湧いてきました。
また、内容もとても感動する内容になっており、どことなく著者の作品の「君と会えたから…… The Goddess of Victory」に似ています。
しかし、この作品は「君と会えたから……」と違い具体的な行動が書かれているわけではなく、今後挑戦していくためのメッセージがたくさん書かれています。

例えば、「たしかに、今、君がおらんなっても何も変わらんかもしれん。でも、君が生きておれば世の中は大きく変わるということを忘れちゃいかんぞ。君らは今の自分にできることで、自分の価値を判断しちゃいかん。将来の君らは、今の君らが想像もできんほど大きなことをやって、多くの人の幸せを左右する存在になっているはずや。(中略)五年後の自分の可能性を舐めるなよ。」というセリフがあり、私はぐっときました。

この本を読んで、様々なことに挑戦する際にいつも勇気をもらっています。
なかなか挑戦することに、めんどくさいや割にあわないと言って挑戦できない方にぜひ読んで頂きたいと思います。
そのような方に少しでも挑戦する勇気が出てくれば、この本を紹介した私も嬉しいです。

良い書評でしたら共有お願いします

関連書評

君と会えたから……The Goddess of Victory 喜多川泰

君と会えたから……The Goddess of Victoryは、自己啓発書ですが普通の自己啓発書と

記事を読む

慟哭 貫井徳郎

私は、一か月に平均2~3冊の本を読みます。ほぼミステリー。 ミステリーというと、「果たして犯人は誰

記事を読む

だれにでも「いい顔」をしてしまう人 嫌われたくない症候群 加藤諦三

これの本の内容は、タイトル通り「誰にでもいい顔をしてしまう人」の特徴が書かれています。 どのような

記事を読む

だれとも打ち解けられない人 加藤諦三

私が初めてこの本を手に取ったのは、人間関係にどんずまりになってしまって会社を退社した後でした。なぜう

記事を読む

マイトレーヤの使命 ベンジャミン・クレーム

この本には今現在マイトレーヤ(キリストの意識)が臨在しているという事実が書かれております。 また彼

記事を読む

月間人気書評ランキング

既知からの自由 ジッドゥ・クリシュナムルティ

簡単に言えばこの本には真理が書かれています。それは痛快なまでに真実なの

学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶応大学に現役合格した話 坪田信貴

この本は学年でビリで偏差値が30以下のギャルが進学が危うい状態だったの

甲賀忍法帖 山田風太郎

山田風太郎氏のいわゆる「忍法帖」シリーズの第一作目です。深く考えずに読

孤島の鬼 江戸川乱歩

江戸川乱歩は非常に著名な作家で、名前を聞いたこともない、という方は少な

阪急電車 有川浩

図書館戦争で有名な有川浩の作品です。 阪急電車。近畿圏内の方しか

→もっと見る

PAGE TOP ↑