引き寄せの法則 エイブラハムとの対話 エスター・ヒックス ジェリー・ヒックス

「引き寄せの法則」という言葉を聞いたことのある人は、多いと思います。 そして、なんとなく意味はわかっているけれど信じられないとか、悲観的な自分に幸せが引き寄せられるはずないなどと思って、はなから読むのをあきらめている人も多いと思います。

そんな方にこそ、ぜひ読んでほしいのが、エスターとジェリーという仲のいい夫婦が書いた「引き寄せの法則」です。 このシリーズはたくさん出ていますが、一番最初におすすめしたいのが本書です。 まずこれが基本だからです。

ではどういうことが書かれているかというと、引き寄せの法則とは何なのか、どういう仕組になっているのかということが、かなりのページを割かれて書かれています。 大体の意味は想像できるという人も、新たな発見があると思いますので、ぜひじっくりと読んでみてください。 

それからかなり具体的に、この強力なツールである「引き寄せの法則」の使い方が説明されています。 とは言っても、いろいろ疑問点が生じるでしょうが心配いりません。 実はこの本、後半は対話形式になっていて、質問と答えが明確に書かれているのです。 質問の中で、誰もが疑問に思っている点についても、ちゃんと答えられています。

もっと言えば、教えてくれるのはエスターの口を借りて出る、エイブラハムというスピリチュアルな存在で、この存在が良き教師となって、読者を導いていってくれるのです。 中にはスピリチュアル系はあやしくて読む気がしないという方もいるでしょう。 でもまずは本を開いてみてください。 夢物語でもなんでもなく、実生活で応用できそうな有益なアドバイスが続々出てきます。

個人的な感想としても、この手の本をいろいろ読んできましたが、本書はベスト3に入るくらいの名著だと思っています。 わかりやすいのが魅力の一つです。 15歳以上の方なら誰でも理解できると思います。 そして日常で試すことができると思います。 

確かに本書を一度読んだからと言って、現実が劇的に変わるわけではありません。 でも何度も読み返すうち、内容がインプットされてきて、何か困ったことが起きた時でも、こういう風に転換すればいいんだなということが、ピンと来るようになるでしょう。 自分自身、この本を知る前と比べると、いろいろなことに対していちいちパニックにならなくなったし、短時間で回復できるようになったと思います。

静かに少しずつ、幸福を引き寄せている最中だと自分では信じています。 この本を読んでよかったと心から思いますし、多くの方におすすめしたいと思っています。  

良い書評でしたら共有お願いします

関連書評

卵が飛ぶまで考える 下村裕

この本「卵が飛ぶまで考える」で伝えたいことの中で一番重要なことは、「考えることの大切さ」であると私は

記事を読む

職場スイッチ ひとりでもできる会社の空気の入れ換え方 鈴木義幸

「ひとりでもできる」「月曜の朝、笑顔で行ける会社にする!」という言葉に惹かれて、速攻取り寄せました。

記事を読む

おこぜ流経営学 皆木和義

私はビジネス書に興味があり、年間10冊くらい読みます。その中でも、3年くらい前に読んだ「おこぜ流経営

記事を読む

バビロンの大富豪 「繁栄と富と幸福」はいかにして築かれるのか ジョージ・S・クレイソン

ジョージ・S・クレイソンのバビロンの大富豪 「繁栄と富と幸福」はいかにして築かれるのか は、お金につ

記事を読む

売る力 鈴木敏文

ビジネス書には経営者が書いたものと学者や評論家が書いたものがあります。もちろんどちらの本に一長一短は

記事を読む

月間人気書評ランキング

既知からの自由 ジッドゥ・クリシュナムルティ

簡単に言えばこの本には真理が書かれています。それは痛快なまでに真実なの

学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶応大学に現役合格した話 坪田信貴

この本は学年でビリで偏差値が30以下のギャルが進学が危うい状態だったの

甲賀忍法帖 山田風太郎

山田風太郎氏のいわゆる「忍法帖」シリーズの第一作目です。深く考えずに読

孤島の鬼 江戸川乱歩

江戸川乱歩は非常に著名な作家で、名前を聞いたこともない、という方は少な

阪急電車 有川浩

図書館戦争で有名な有川浩の作品です。 阪急電車。近畿圏内の方しか

→もっと見る

PAGE TOP ↑