眠れぬ真珠 石田衣良

カテゴリ:小説・文芸 本の著者:

この小説は、また恋する気持ちを味わいたい
女性としていつまでも輝いていたい
そんな女性におすすめです。

主なあらすじとしては
キャリアを積んだ、しかもクリエイティブでスタイリッシュな40代の女性が
大人の女としての楽しみやほろ苦さを味わいつつ良い意味で惰性的に
日々を過ごしているところ、自分よりずっと若く、才能のある青年出会い
思いを寄せられ、迷いながらも純粋に彼を愛することを選んで
また新たな幸せの形をみつける・・というようなストーリー。

まさに、ドラマ化してもおかしくないんじゃないかと思うぐらい
ドラマチックで、ロマンチック。な内容です。

主人公の女性の描写が本当に美しくおしゃれ感満載で
きっと誰もが憧れるような年齢の重ね方と生活にうっとりします。

登場人物ひとりひとりも、とても個性的だし、チャーミンングで
よりストーリーを華やかに演出する感じ。

でも、私が一番印象的だったのが

主人公の女性が、親しくしている年上の女性の
「女には 真珠の女と ダイヤの女がいるのよ」
という言葉。ダイヤの女は誰が見ても光り輝き、男からみても常に魅力的。
真珠の女は内側からの輝きのために、本当に理解してくれる人にしか
その輝き、魅力を知ってもらえない。

というような言葉。

主人公の女性は真珠の女。 そのことに不満はないけれど・・・

でも、最終的に、思いを寄せる男性にその輝きを見出してもらえるという
本当に大人のシンデレラストーリーになっています。
私自身はどっちかな?
などと、読者の女性なら誰もが思いを馳せるでしょう。

しかし、男性作家とは思えない細かな女心の揺らぎが見事に表現されていて
読み終えた後、共感と幸福感で満たされる感じです。

ぜひ、女性ホルモン足りないな~
という、アラフォー世代におすすめしたい1冊です。

良い書評でしたら共有お願いします

関連書評

I’m sorry, mama 桐野夏生

I’m sorry, mamaは桐野夏生さんお得意の、読んでいると眉間にしわが寄ってしまう、人間の芯

記事を読む

バベットの晩餐会 イサクディーネセン

小説、バベットの晩餐会を読んでみました。この本は、19世紀後半の外国の小さな素朴な町が舞台です。敬虔

記事を読む

マリアビートル 伊坂幸太郎

伊坂幸太郎のエンターテイメント娯楽小説「マリアビートル」は、前作の「グラスホッパー」の続編となってい

記事を読む

アルジャーノンに花束を ダニエル・キイス

いまさら私が紹介するまでもないことですが、『アルジャーノンに花束を』は名作です。それも、多分どんな世

記事を読む

十角館の殺人 綾辻行人

普段からよく推理小説を読むのですが、次に何の本を読もうかと考えているときに ふと目にとまったのがこ

記事を読む

月間人気書評ランキング

既知からの自由 ジッドゥ・クリシュナムルティ

簡単に言えばこの本には真理が書かれています。それは痛快なまでに真実なの

学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶応大学に現役合格した話 坪田信貴

この本は学年でビリで偏差値が30以下のギャルが進学が危うい状態だったの

甲賀忍法帖 山田風太郎

山田風太郎氏のいわゆる「忍法帖」シリーズの第一作目です。深く考えずに読

孤島の鬼 江戸川乱歩

江戸川乱歩は非常に著名な作家で、名前を聞いたこともない、という方は少な

阪急電車 有川浩

図書館戦争で有名な有川浩の作品です。 阪急電車。近畿圏内の方しか

→もっと見る

PAGE TOP ↑