だれにでも「いい顔」をしてしまう人 嫌われたくない症候群 加藤諦三

カテゴリ:人文・思想 本の著者:

これの本の内容は、タイトル通り「誰にでもいい顔をしてしまう人」の特徴が書かれています。
どのような成長を経てそのような性格になってしまうのか、家族との関わりはどうであったのかなどです。
この著者の本は何冊か読みましたが、いつも繰り返し書かれているのが幼少期の親との関係、特に母親との関係です。
幼少期に無意識の内に染みつけられた劣等感が、青年になった時にトラウマとして現れる恐ろしさを書いています。

この本は幼少期に身についたトラウマが、青年期にどのような形で現れるのかを詳細に書いています。
過干渉、自己中心的な親に育てられた子供は人格形成がうまくできず人に依存するようになると。
その結果、相手が自分にとっていい人か悪い人であるかの判断もできないまま「いい顔」ばかりしてしまうのだと。

幼少期の親との関係がどれほど重大で、その人の一生に影響するか教えてくれます。
そして運悪くそういう親に育てられ、自信を持てないまま大人になってしまった人達に楽に生きられる方法を示唆してくれます。
幼い頃に人格形成ができなかった人は、残念ながら時間を遡ってそれを取り戻す事はできない。
相手が自分にとっていい人か悪い人かを判断できなくても、自信がなく相手に依存し嫌われる事が怖くても、それでも必ず楽に生きられるすべがあるのだと。

この本を読んで考えさせられる人は多いと思います。
自分がそうである人、育児中の人、子供との関係に悩んでいる親、様々な立場から読める本だと思います。

良い書評でしたら共有お願いします

関連書評

死に至る病 キルケゴール

死に至る病は実存主義哲学の祖と呼ばれるキルケゴールの晩年の代表作。 非常に重い内容を扱っていま

記事を読む

マイトレーヤの使命 ベンジャミン・クレーム

この本には今現在マイトレーヤ(キリストの意識)が臨在しているという事実が書かれております。 また彼

記事を読む

「集団主義」という錯覚 日本人論の思い違いとその由来 高野 陽太郎

最近読んで面白かった本のタイトルはというと、『「集団主義」という錯覚 ― 日本人論の思い違いとその由

記事を読む

君と会えたから……The Goddess of Victory 喜多川泰

君と会えたから……The Goddess of Victoryは、自己啓発書ですが普通の自己啓発書と

記事を読む

シンデレラボーイシンデレラガール 橋本治

この本は橋本治が読者に語りかけるような口調で書かれています。 内容は非常にざっくり大まかに言ってし

記事を読む

月間人気書評ランキング

まだデータがありません。

既知からの自由 ジッドゥ・クリシュナムルティ

簡単に言えばこの本には真理が書かれています。それは痛快なまでに真実なの

学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶応大学に現役合格した話 坪田信貴

この本は学年でビリで偏差値が30以下のギャルが進学が危うい状態だったの

甲賀忍法帖 山田風太郎

山田風太郎氏のいわゆる「忍法帖」シリーズの第一作目です。深く考えずに読

孤島の鬼 江戸川乱歩

江戸川乱歩は非常に著名な作家で、名前を聞いたこともない、という方は少な

阪急電車 有川浩

図書館戦争で有名な有川浩の作品です。 阪急電車。近畿圏内の方しか

→もっと見る

  • まだデータがありません。

PAGE TOP ↑