スプートニクの恋人 村上春樹

カテゴリ:小説・文芸 本の著者:

まず、この「スプートニクの恋人」という物語は、語り手の「ぼく」と、「ぼく」が思いを寄せる小説家志望のすみれという女性、そしてすみれが思いを寄せるミュウという中年女性といった三人の人物が主体となって構成されています。

そして、この物語は「ぼく」という男性によって語られていきます。「ぼく」はすみれに対して強い恋心を抱いています。しかし当のすみれは生まれて22年間、一度も恋をした経験がありませんでした。そんな彼女でしたが、ある出来事がきっかけでミュウという女性に「激しく」恋に落ちます。結果的にその恋は叶うことがなく、すみれはミュウとの旅先であるギリシャの島で消えてしまいます。

他の村上作品に出てくる男性によくあるように、「スプートニクの恋人」の「ぼく」という男性もまたドライな人物です。基本的に他人に執着したり、依存したりすることはありません。そして深い孤独を背負っています。にもかかわらず、すみれに対しては激しい恋心を抱いています。よこれはすみれが決して美人だからだとかそういう理由ではありません。

すみれもまた孤独です。彼女は幼い時に実の母親を亡くし、継母に育てられてきました。継母から愛情を受けて育ったものの、すみれは何度も実の母親に会いに行く情景を夢で見ます。父親はいますが、彼はとてつもなくハンサムで、決して美人だとはいえないすみれはそれをコンプレックスに感じていました。

そんな背景があるからこそ「ぼく」とすみれが恋をしたのは、彼らが生まれ持った過程で抱えることとなった激しい「孤独」を埋めるためだったのではないかと思うのです。すみれが男性ではなく女性に恋をしたのも、父親的な男性ではなく母親的な存在を求めていたからだと思います。でも彼らの恋は叶いません。その事にどのような意味があるのか、またミュウという女性の存在意義は・・・などなど、読むたびにじっくり考察したいと思える点が出てくることがこの小説の魅力のひとつだと私は思うのです。

良い書評でしたら共有お願いします

関連書評

ゴーストハント 小野不由美

私が近頃読んだ中で最も面白いと感じたのは、屍鬼、十二国記シリーズ等で有名な小野不由美の作品、『ゴース

記事を読む

闇に葬られた歴史 副島隆彦

歴史を研究する学者は、それぞれ様々な歴史関係の学会に入っています。しかし、学会というのは村社会と同じ

記事を読む

ハニービターハニー 加藤千恵

「ほんとの恋よりドキドキするかも」まさにその帯の言葉通りの作品でした。 ごくごく普通のラブスト

記事を読む

そこのみにて光輝く 佐藤泰志

海炭市叙景の映画を見てから気になり、佐藤泰志の原作を読んだのがきっかけです。 独特の世界観、静かな

記事を読む

姑獲鳥の夏 京極夏彦

姑獲鳥の夏は、カテゴリーとしてはサスペンス小説になります。 舞台は戦後数年後。病弱な女性、涼子

記事を読む

月間人気書評ランキング

既知からの自由 ジッドゥ・クリシュナムルティ

簡単に言えばこの本には真理が書かれています。それは痛快なまでに真実なの

学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶応大学に現役合格した話 坪田信貴

この本は学年でビリで偏差値が30以下のギャルが進学が危うい状態だったの

甲賀忍法帖 山田風太郎

山田風太郎氏のいわゆる「忍法帖」シリーズの第一作目です。深く考えずに読

孤島の鬼 江戸川乱歩

江戸川乱歩は非常に著名な作家で、名前を聞いたこともない、という方は少な

阪急電車 有川浩

図書館戦争で有名な有川浩の作品です。 阪急電車。近畿圏内の方しか

→もっと見る

PAGE TOP ↑