パチンコがなくなる日 警察、民族、犯罪、業界が抱える闇と未来 POKKA吉田

カテゴリ:暮らし 本の著者:

簡単に言えば、嘘が書かれていない本です。
パチンコ業界はそのグレーな性質上、とにかく小さなことでも明らかにしません。

そして、コンビニ等では根拠も何も無いガセネタだらけの本が大量に売られています。
筆者のPOKKA吉田氏は、まずここをどうにかしようと思い真実のみが書かれている本を作られました。

私はある程度コンビニ暴露本は嘘である事を知っていましたが、だからといって本当の所は詳しく知りませんでした。
この本を購入したのは、事実がわかるのならと期待した部分が大きいです。

パチンコ自体をしない人にも分かるように内容を纏めるとすれば、三つです。

  • なぜパチンコが存在できるのか
  • 警察とパチンコ業界の関係
  • よく言われている、黒い噂の真相

そして、パチンコ、パチスロを打っている人に興味が湧くように纏めるなら、これも三つです。

  • 4号機がなくなったのは何故か
  • どうしてパチンコ屋が最近の無茶苦茶な釘調整をしているのか
  • 何故突然仕様が変わるのか

これが全て書かれていますので、パチンコだけがまかり通っている理不尽の理由は全て分かります。
厳密に言うと、通っているわけではないんですけどね。

どちらにも共通して私の感想を言うのであれば、警察(所轄)もパチンコ製造メーカーもどうしようもないなと思います。
一つだけネタバレをするのであれば、そもそもパチンコが存在できるようになってしまったのは警察のせいです。
規制する方向より、娯楽として歪な形で黙認したのが今の現状となっています。

全ての内容が業界内情の暴露であり、実際パチンコ業界はこの本の出版にとても苦い顔をしました。
曖昧なものは曖昧なままで、世間の想像が悪かろうとそのままで放っておきたかったのです。
しかしこの本は商業的に大成功と言っていい程売れてしまったので、この後の続刊、「石原慎太郎はなぜパチンコ業界を嫌うのか」まで出てしまう始末。
まあ、業界の自業自得です。

一切嘘も誇張もありません、感情的な表現もほぼありません。
ただ事実だけが書かれているので、知識としてパチンコ業界を知りたい方には最適です。

良い書評でしたら共有お願いします

関連書評

借りた金で死なないための129ヶ条 借金力 吉田猫次郎

吉田猫次郎 作「借りた金で死なないための129ヶ条 借金力」は書籍のタイトルのとおり、借金に関して知

記事を読む

手作りエクステリア百科 決定版 大迫裕三

やっと念願のマイホームを手に入れたと思って喜んでいたのもつかの間、敷地の広い我が家は、庭の草がぼうぼ

記事を読む

何者 朝井リョウ

私と年齢が近いせいか、朝井リョウの作品はどれも文がすっと入ってきやすくお気に入りですが、この「何者」

記事を読む

あたりまえだけどなかなかできない 33歳からのルール 小倉広

20代を過ぎて30代になると、今までとは違い様々なところで判断力と責任を迫られます。 仕事では部下

記事を読む

夫をお金持ちにする64の習慣 芦澤多美

帯に書いてある『お金持ちになる人の妻は小さなことから始めている』というキャッチコピーに妙に心が惹かれ

記事を読む

月間人気書評ランキング

既知からの自由 ジッドゥ・クリシュナムルティ

簡単に言えばこの本には真理が書かれています。それは痛快なまでに真実なの

学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶応大学に現役合格した話 坪田信貴

この本は学年でビリで偏差値が30以下のギャルが進学が危うい状態だったの

甲賀忍法帖 山田風太郎

山田風太郎氏のいわゆる「忍法帖」シリーズの第一作目です。深く考えずに読

孤島の鬼 江戸川乱歩

江戸川乱歩は非常に著名な作家で、名前を聞いたこともない、という方は少な

阪急電車 有川浩

図書館戦争で有名な有川浩の作品です。 阪急電車。近畿圏内の方しか

→もっと見る

PAGE TOP ↑