昭和という国家 司馬遼太郎

カテゴリ:人文・思想 本の著者:

昭和史というものは、どんな本を読んでも、どんなドキュメンタリーを読んでも、私には理解ができませんでした。何故、日本は負けるとわかっていながら、世界を相手にどんどん戦争を仕掛け、滅びてしまったのか。回避できなかったのか理解できませんでした。作者もその理由がよくわからず、昭和元年から敗戦までの昭和20年までを「魔法の森」と称し、「統帥権」という明治政府が作った制度が結局は、日本を戦争に突き進ませてしまったと平易な言葉で論じています。

私は、敗者側から見た「明治維新」に関心を持って、たくさんの本を読んできました。「明治維新」自体は、尊皇攘夷思想により、天皇の名の下に鎖国を続け、外国人を排斥する運動だったはずなのに、手の平を返したようにあっさりと尊皇攘夷思想を捨て、富国強兵と近代産業振興を進めた武士革命です。そして、王政復古ではなく、天皇には権威を与えず、薩長閥による専制政治が進められた独裁政府でもあったわけです。傍から見れば、江戸幕府から薩長独裁のようなものでした。しかし、それでは近代国家とはいえなかったため、明治憲法を制定し、議会を最高意思決定機関としました。ここに近代国家として日本が誕生し、意思決定のためのさまざまな優れたシステムを作ったにもかかわらず、なぜ日中戦争、太平洋戦争に突き進んでいったのか、どうにも理解できなかったことを、氷解してくれるのではないかとワクワクして読みました。

これまでの昭和史の本は、軍部が台頭し、議会機能が麻痺し、軍部の独走により、戦争を拡大して行ったとしか書いていません。しかし、この本は、明治維新と昭和史をつないで考察しているところに新鮮な発想があり、著者の着眼点が大変良かったと思います。

明治政府が、薩長閥の独裁権力を残すため、「統帥権」という権力装置を作ったことが結果的に戦争への道を突き進んで行くこととなったということを知り、特に「山形有朋」を始めとする長州閥に対しては、憎しみしか沸いてきません。もしも、維新三傑が暗殺や自害や病気でバタバタと倒れていかなければ、「山形有朋」のような権力に固執する小物が天下を取って私腹を肥やすことなどなかったのが、残念でなりません。
戊辰戦争前に、徳川慶喜がもう少し頑張って、坂本竜馬などの船中八策を取り入れ、江戸幕府を立憲君主制に変えていたのなら、全く違う日本国家が誕生していて、昭和の時代もまた別な歩みを辿ったと思うと、複雑な気持ちになります。

私が今生きている瞬間もまた、歴史の時代の中の瞬間です。私自身が生まれ生きているのも、歴史の結果です。そう考えると、私自身もまた歴史の中に存在する一人です。そう考えると、幸福な時代に生まれることができたことに感謝する気持ちになります。このような平和な時代に生まれたのも、歴史の偶然の中で得られたものであり、この幸福な時代が何故今あるのかをこの本は気づかせてくれ、この平和な瞬間を大切に過ごしていきたいと思います。

良い書評でしたら共有お願いします

関連書評

「集団主義」という錯覚 日本人論の思い違いとその由来 高野 陽太郎

最近読んで面白かった本のタイトルはというと、『「集団主義」という錯覚 ― 日本人論の思い違いとその由

記事を読む

慟哭 貫井徳郎

私は、一か月に平均2~3冊の本を読みます。ほぼミステリー。 ミステリーというと、「果たして犯人は誰

記事を読む

だれにでも「いい顔」をしてしまう人 嫌われたくない症候群 加藤諦三

これの本の内容は、タイトル通り「誰にでもいい顔をしてしまう人」の特徴が書かれています。 どのような

記事を読む

マイトレーヤの使命 ベンジャミン・クレーム

この本には今現在マイトレーヤ(キリストの意識)が臨在しているという事実が書かれております。 また彼

記事を読む

「心のブレーキ」の外し方~仕事とプライベートに効く7つの心理セラピー 石井裕之

「心のブレーキ」の外し方~仕事とプライベートに効く7つの心理セラピー は何かをやる気になってはじめて

記事を読む

月間人気書評ランキング

既知からの自由 ジッドゥ・クリシュナムルティ

簡単に言えばこの本には真理が書かれています。それは痛快なまでに真実なの

学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶応大学に現役合格した話 坪田信貴

この本は学年でビリで偏差値が30以下のギャルが進学が危うい状態だったの

甲賀忍法帖 山田風太郎

山田風太郎氏のいわゆる「忍法帖」シリーズの第一作目です。深く考えずに読

孤島の鬼 江戸川乱歩

江戸川乱歩は非常に著名な作家で、名前を聞いたこともない、という方は少な

阪急電車 有川浩

図書館戦争で有名な有川浩の作品です。 阪急電車。近畿圏内の方しか

→もっと見る

PAGE TOP ↑